【東京支部】-2018連続講座-20世紀の建築空間遺産 第1回「20世紀の建築空間の先駆け」

日時:2018年2月14日(水) 19:00~21:00 (全10回、各月第2水曜)

会場:都市住宅とまちづくり研究会(千代田区神田東松下町33 COMS HOUSE 2階)

講師:小林 良雄 (新建全国幹事会顧問、地域建築空間研究所)

主催:新建築家技術者集団 東京支部

共催:都市住宅とまちづくり研究会 後援:女性建築技術者の会

題材:ウイーンの郵便貯金局(1906)、ロビー邸(1909)

180214小林塾’18_20世紀の建築空間遺産.pdf
PDFファイル 368.1 KB

 設計とは、人々がそこで生きる内外空間を、要求、プログラムに基づき、機能性や快適性、経済性を満たすべく効果的に秩序づけ、編成することです。本講座では、形象意匠・オブジェとしての建築ではなく、内外空間に注目し、20世紀の建築空間の発展・展開において普遍に開く意義がある現存建築を時系列にそって選び、その建築の空間構成と質を確かめます。それを通じ、価値が共有され、遺産として未来に受け継がれる一助になること、参加者の仕事の糧になることを目指します。

<東京支部の出版物>

 

 

 

 

 

支部ニュース

<新建の出版物>

 

 

 

 

 

月刊雑誌

 

 

 

2016.11

新建叢書①

 

 

 

2013.4

40th記念出版

 

 

 

1997.5

 

 

 1991.11

20th記念出版

<東京支部加盟団体>

<支部会員の取り組み>

 

<会員各位>

リンク掲載希望の取り組みをご連絡下さい